RED HAT TECH NIGHT

Technical Sessions & Lightning Talks


※下記情報は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。
また、タイムテーブルの情報は現時点では見込みの時間を表示しており実際には開催時間が多少前後する場合がございます。

Timetable

19:15

開会の挨拶 + 諸連絡

19:20

Red Hatter Talk Session #1: OSS製品のソースコードの歩き方(仮) ※内容調整中

そもそもどのソースを追っているか / OpenShiftなどupstreamの変更が多いリポジトリをみなさんどのように追っているか / ローカルに落として移動の時に読むとかしてる? / 読みやすいソース、読むのが大変なソース / 検索する技術(Ctags etc) / 一行入魂(忘れられない一行など)

Red Hatter Talk Session #2: 製品ドキュメントとサポートの力を引き出すコツ(仮) ※内容調整中

ドキュメント膨大な量あるのにいったいどこからどうやって読めばいいのか / 困った時に引く、という使い方以外に定番とかおすすめの使い方があれば / 製品のバージョン毎の癖や細かい動作などについて、ソースを読む以外の上手な情報収集の方法 / MLや人とつながるのも良い方法. コミュニティやSlackやML、どうやって & どこに入ればいい? / サポートへのうまい聞き方、サポート的に助かる質問、困る質問

19:50

Lightning Talks

20:40

お楽しみ抽選会

豪華景品が当たる抽選会を予定しています。19:15の開会の挨拶にて詳細を発表予定なのでお見逃しなく

20:45

撤収

Speakers

Red Hatter Talk Session モデレータ OpenShift Talk Session

Kei Sawada / Senior DevOps Consultant

エンジニアは何故、技術書を書くのか? 執筆のススメ 執筆 LT

Hajime Taira / Senior Solution Architect

eBPF verifier 謎技術 Linux LT

Kazuo Moriwaka / Solution Architect

Apache Camel インテグレーション OpenShift LT

Tadayoshi Sato / Senior Software Engineer

Knativeの要諦はCloudEventsである(仮) サーバーレス Kubernetes LT

Nobuhiro Sue / Senior Solution Architect

Red Hatter Talk Session コンテナ OpenShift Talk Session

Naoya Hashimoto / Senior Consultant

Red Hatter Talk Session Deep Dive OpenShift・OpenStack Talk Session

Manabu Ori / Senior Consultant

ねこでもできるOperator(仮) 司会 Kubernetes LT

Masatoshi Hayashi / Solution Architect

Welcoming & Opening ご挨拶 Ansible

Makoto Nakamura / Cloud Business Development Manager

Syndesis インテグレーション Camel/OpenShift LT

Hisao Furuichi / Software Maintenance Engineer

Ansibleのしくみ Deep Dive Ansible LT

Hideki Saito / Software Maintenance Engineer for Ansible

Apache Kafka on OpenShift : Strimziの紹介 インテグレーション Kafka/Strimzi/OpenShift LT

Tomonari Yamashita / Senior Technical Support Engineer

Red Hatter Talk Session OSS Linux Talk Session

Masatake Yamato / Senior Consultant

Red Hatter Talk Session Kubernetes OpenShift・JBoss Talk Session

Takayoshi Kimura / Senior Software Maintenance Engineer

Red Hatter Talk Session NFV OpenStack Talk Session

Tomofumi Hayashi / Senior Software Engineer

Python and Ansible CI (仮) OSS Python / Ansible LT

Satoru SATOH / Senior Consultant

Ansible x Network: Ansible 2.7におけるネットワーク自動化 Ansible LT

Kento Yagisawa / Technical Support Engineer - Ansible

More Red Hatters
To Be Announced..


Access

ウェスティンホテル東京 B2F Galaxyホール

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1

JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口より「恵比寿スカイウォーク」で約7分
地下鉄日比谷線「恵比寿駅」JR方面出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分


FAQ

Q: 参加費はかかりますか

A: 本イベントは入場無料です

Q: Red Hat Forum Tokyoには参加申し込みしたのですが、本イベント(Tech Night)に参加を希望する場合、こちらでも別途参加登録が必要ですか

A: はい、本編のRed Hat Forum Tokyoとは異なる登録が必要となっております。大変お手数ですが、 connpassにて登録を受け付けておりますので、そちらからご登録の上ご参加ください。

Q: ハッシュタグはありますか

A: #rhtn2018 をお使いください